【交通事故治療】

<予約制>


<交通事故の特有な症状について>

交通事故の衝撃は思っている以上に強く、体へのダメージが強くかかっていることが多いですそのため、次のようなことが起こることがあります。


交通事故の追突により
むちうち、頭痛、吐き気、めまい、手のしびれ、首・肩・背中の痛み、腰の痛みなどの症状が、

●事故直後は症状が軽かったけど、症状が強くなってきた

●痛くても我慢している

●冷えたり、天候によって症状が強くなる

など

 

交通事故のケガは早期の治療が大事です。


事故後すぐは「大丈夫」と思っていても、

数日後に症状が出てくる

事故直後は何ともないと思っていても、翌日や翌々日から「痛み」や「しびれ」などの症状がでてくることが多くあります。

直後は精神的にショックを受け、気が張っている状態なので、症状が出始めたのが1週間後という場合もあります。


交通事故が原因の症状が残る場合がある

検査で異常が認められないような場合でも、症状がある場合はしっかりと施術を受けて「痛み」や「しびれ」に対して施術を受けることをおすすめします。

 

後々までその「痛み」や「しびれ」を引きずってしまい、つらい症状が残る場合もあります。

 

そうならないように、しっかりと治療を受けて改善していきましょう。


交通事故のケガの症状に合わせた施術

交通事故のケガの治療は、

初めに症状などをお聞きし、施術方針などを説明し施術をします。

 

ムチウチ、首・肩・背中・腰痛、手のシビレなど、交通事故のケガの症状や状態に合わせて

 手技療法、電気療法などの施術を行っていきます。

 

もし、あなたやご家族が交通事故にあって、痛みがあったり、お知り合いでお困りの人がいらっしゃいましたら、『しまばら田町接骨院』へご連絡ください。<予約制>